取っ手を引くだけで、1合計量できる優れもの 朝食はパンより、ごはん党な方々には嬉しい季節が巡ってきました。 美味しいご飯の炊き方や、高性能な炊飯器の紹介などが気になりますが、お米の保存までは気にしていない方も多いのではないでしょうか?精米し…続きを読む “お米を美味しく食べてもらいたいと願う職人さんの心意気!”

普段はブレスレットとして着けるだけ。機能数は29個も! レザーマンは35年以上の歴史を持つアメリカのブランド。マルチツールで有名なそのレザーマンが出している、業界初のウェアラベルマルチツールがこの商品です! 一見、ただのブレスレットに見えま…続きを読む “マルチツール業界で初のウェアラブルツール”

ジャガイモのほっくり感とチーズのカリカリ感が最高! 今回は大好評の「極厚鉄板solo model」を使った、絶品レシピをご紹介します! アツアツに熱した極厚鉄板だからこそ、チーズがカリカリに焼けて、ジャガイモもふっくら!付属のヘラがあるので…続きを読む “【極厚鉄板solo modelレシピ】 ~ジャガイモとチーズのカリカリ焼き~”

胸に輝くピンクブロンズのペン先で、大人の男っぷりを演出 60歳の父への誕生日プレゼントは、お洒落で大人っぽいものを贈りたい。 そう思って購入を決めた商品が、このピンブローチです。 まだまだ働く父にとって、ビジネスの場でのお洒落はなかなか難し…続きを読む “スターリングシルバー万年筆ペン先デザインのピンブローチ|知的なデザインに憧れます!”

荷物を水からしっかり守る!新世代の防水バッグ 夏休みにはやっぱり海に出かけたい!でも、レジャーには何かと悩みがつきまといます。 例えば、ロッカーも何も無い砂浜に、貴重品を置いていくこと……。 お財布やら着替えやらを木陰に置いたり、タオルをか…続きを読む “Waterproof USA 「Duffle」|ダイバーの私も驚きの防水性!”

ダマスカスが美しい、30本限定のフォールディングナイフ 世界的にも有名な刃物の産地、岐阜県関市で1940年に創業した石川刃物製作所。国内をはじめ海外への輸出も行っているそうです。そんな石川刃物製作所の日本未販売商品がこのフォールディングナイ…続きを読む “関市で作られた、シンプルなデザインがかっこいいナイフ。”

太陽の光をキラキラ映し出す透明感に、うっとり 耐熱ガラス器で有名なメーカー「HARIO」(ハリオ)。 コーヒーサーバーや、ティーセットを愛用している方は多いでしょうが、そのハリオがアクセサリーも手掛けていることはご存知でしょうか? 「ハリオ…続きを読む “あの「ハリオ」が手掛ける、一生物のガラスのアクセサリー”

「佳人手帳」の冬ものアイテム、仕込み中です こんにちは、バイヤー菊池です。 毎日本当に暑いですね! ただいま、連日「佳人手帳」の冬号(11月発売予定)のための商談を行なっていて、大忙しです! 毎日、メーカーさんや問屋さんが汗だくになりながら…続きを読む “夏真っ只中ですが、あったか冬物商材集めてます~”

それぞれのパーツに魚をさばくための役割があるのです。 魚を食べる時は、一尾丸ごと買ったほうが鮮度が良いし、それを自分でさばいて料理するのが一番美味しいことはわかっているものの、 魚をさばくのって手順が難しそうだし・・・と敬遠していました。 …続きを読む “魚をさばくのが本当に簡単で、楽でした”

幸運と勇気をもたらすキーホルダー。プレゼントにもいいし、自分用にも。 自分だけにしか分からない、ジンクスってありますよね。 勝負時のゲン担ぎのように大切にしている習慣や、お守り代わりに大切に持ち歩いている物とか。「このペンに買い換えてから、…続きを読む “誕生年のコインをお守り代わりに。ひと目では気付かない、こだわりがイイ!”

ポンっと簡単に設営ができるおしゃれサンシェード 「ブービーバード」でおなじみ、チャムスのサンシェード。夏の海や山で思いっきり遊んだときには、この商品でひと休みなんていかがでしょうか。赤色の見た目は程よく目立ち、デザインもチャムスらしく、かわ…続きを読む “キャンプや海辺で大活躍! チャムスのかっこかわいいサンシェード”

安い肉が本当に美味しく焼けて、びっくり!! 静岡県富士宮市にある「ふもとっぱらキャンプ場」。個人的に大好きなキャンプ場で、広大な芝のフリーサイトが魅力。フリーサイトの場合、早く場所取りをしないと、いい場所にテントが張れないケースもありますが…続きを読む “噂の極厚鉄板solo model 使ってみた!”

「和樂」通販で、京都の逸品をお届けします こんにちは、バイヤー菊池です。何年かぶりに、再び「和樂」担当バイヤーに戻ることになりました。「和樂」は“日本文化の入り口マガジン”として、本物の日本文化を美しい写真や独創的な記事で紹介している雑誌で…続きを読む “水引でつくった繊細な鏡餅はまさにアート!京都の職人さんに会ってきました”